出会い系には「援交デリヘル」という人たちが存在します。(援交デリヘルの説明とその危険性については「」をご覧ください。)
 
しかし援デリは国から認められていない違法業者です。この違法業者は一体どうやって女性をどういった女性を集めているのでしょうか。またどのような女性が援デリとして稼ごうと思うのでしょうか。
 
 

自ら援デリをやろうと思う女性はいない

 
まず、女性が風俗で働こうと思ったときは、援デリよりもデリバリーヘルスを選ぶのが普通です。
 
というのも援デリは違法なので、女性からしてもそこで働くのは危ない橋を渡ることになるからです。また安全面や管理面を見ても、正式に運営しているデリバリーヘルスを選ぶに越したことはないでしょう。
 
ではなぜわざわざ援デリで働く女性がいるのでしょうか。
 
それは、普通のデリバリーヘルスで働けないような事情があるからです。そして援デリ業者はそういった女性を探してキャストしています。これこそが、援デリの利用をオススメできない理由でもあります。
 
今から、普通のデリヘルで働けない女性にはどういった女性がいるのか紹介します。
 
 

援デリ嬢の傾向1:ブス・ババア

 
言葉は悪いですが、援デリで働く女性にはブスやババアが多いです。なぜかというと、そういった女性はデリヘルで働きたくても需要がなく、店舗に断られてしまうからです。
 
そして断られた女性はそれでも風俗で働きたいと思い、ネットで援交を募集します。その書き込みを見つけた援デリ業者がその女性を勧誘することで援デリ嬢が誕生するのです。
 
だから援デリには必然的にブス・ばばあが多い傾向にあります。
 
 

援デリ嬢の傾向2:18歳未満の少女

 
援デリのもう一つの傾向は「18歳未満」の少女です。もちろん、18歳未満の女性が風俗嬢として働くことは、認められていません。だから、警察から隠れて違法の「援デリ」で働こうとするのです。
 
この原理はブスが正規店で働けないことと同じです。18歳未満の少女も同様に、正規店で働けないからネットで援交を始めるのです。そして、援デリ業者に勧誘されます。
 
もちろん、18未満の未満の少女と援交をすることとは「児童ポルノ処罰法」に抵触するため、警察に逮捕されます。これについては「出会い系の「援交デリヘル」は法的に大丈夫なの?」でより詳しく解説しています。
 
ブスとは違い、18歳未満の少女と援交することは、人生を狂わすことにつながってしまうので、特に注意が必要です。
 
 

総括

 
このページでは、出会い系には援交デリヘルで稼ぐ女性の特徴について解説しました。
 
これを読めば、援交デリヘルを受けることのデメリットがいかに深刻化わかってもらえるでしょう。
 
しかしそれでも援デリを受けてみたいという方は「出会い系の「援交デリヘル」の利用方法」を参考に、自己責任で挑戦してみてください。