1. ホーム
  2. 2017年04月
  3. 1/ 1

会社の上司やご年配の方への出産内祝い

親戚や身近な友人に贈るのとは違い、会社の上司やご年配の方への出産内祝いの選び方は難しいものです。
目上の方に内祝いを贈る時に気になるマナーや、出産内祝いの選び方をご紹介します。

贈る相手を選ばない有名店のスイーツやブランドタオルは定番

身近な相手と違い、会社の上司やご年配の方への贈り物というのは、相手との関係や普段の付き合い方によっても気を遣うものです。

そのため、出産内祝いの選び方としては相手を選ばず誰にでも喜ばれる定番ギフトを選ぶのがおすすめです。
特に人気なのは有名店のスイーツや、ブランド物のタオルです。
誰もが知っている有名どころのギフトを選べば、どんな相手にも失礼がありません。

画像出典元:https://ippin.gnavi.co.jp/article-8298/

会社の上司には直接渡すべき?贈るべき?

出産内祝いの選び方以外に、渡し方にもマナーが問われます。
会社の上司に出産内祝いを渡す際は、会社で直接渡すのではなく、自宅に贈りましょう。
明確に決まりはありませんが、会社から帰る時に出産内祝いのギフトが荷物になってしまう事を考えると、送る方が相手に余計な手間をかけません。
品物は自宅へ贈り、会社では口頭でお礼の言葉を伝えるのがスマートな方法です。

また、会社関係の方から個人的に贈り物を頂いている場合、会社に出産内祝いを持って行くことで、他の社員の目が気になるという可能性もあります。
会社の上司に出産内祝いを渡す際は、相手の立場や状況を考えて渡し方も選びましょう。

ご年配の方への出産内祝いの選び方には要注意!

冠婚葬祭のマナーに詳しいご年配の方への贈り物は、マナー違反に要注意です。
特に、ご年配の上司の場合は常識知らずと思われて評価が下がってしまう可能性も。
マナーを知らずに、不適切な贈り物をしないように気を付けましょう。

出産内祝いで選んではいけないものは、基本的にはギフトとして適していないと一般的に言われているものと同じです。
特に、金券や現金など、送る相手に金額がはっきりわかってしまうもの、頂いたものと同じものを贈るのは厳禁です。

最近では「未来を切りひらく」という意味で刃物をギフトに選ぶケースもありますが、もともと刃物は「縁を切る」という意味を持つものです。
年配の方には、従来の意味で受け取られる可能性が高いため、刃物のギフトは避けるべきでしょう。

また、ご年配の方に喜ばれそうな日本茶のギフトも、出産内祝いには不向きです。
日本茶のお返しは通夜やお葬式など、葬儀のお返しとして使われることが多く、地域によっては縁起が悪いものとされています。