このページでは援交デリヘル(通称「援デリ」)について解説します。
 
出会い系をやる上で、「援交デリヘル」については必ず知っておいた方がいいです。特に、出会い系をこれから初めて利用するという方はぜひ読んでください。
 
 
 

援デリって何?

 
「援デリ」という言葉を聞いたことはあるけれど、実際どういう存在なのか知らない人も多いのではないでしょうか。
 
援デリとは、出会い系内に蔓延っている「援交あっせん業者」のことを指します。業者は出会い系に女性ユーザーとして登録し、男性ユーザーに対して援交のオファーを持ちかけます。そして男性ユーザーがそれに了承すると、業者は女の子を用意し、男性ユーザーと繋げるのです。
 
もちろん援交なので、必ず料金が発生します。こういうと、世間のデリバリーヘルスと違いがないように感じますが、実は大きな違いがあるのです。
 
 

援デリは法的に認められていない!?

 
 
その違いとは、法的に認められてるかどうかです。実は「援交」は国の「売春防止法」に反しているため、違法とされているのです。
 
売春防止法
第一条  この法律は、売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものであることにかんがみ、売春を助長する行為等を処罰する...
引用元:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31HO118.html
 
 
 
援交は国によって認められていないため、それをビジネスとした「援デリ」ももちろん違法です。(援助交際に関する法律については「出会い系の「援交デリヘル」は法的に大丈夫なの?」で詳しく説明しています。)
 
しかし、実際には現在も出会い系は援交の温床とされていて、警察の手が回っていないのが現実です。だからこそ、ユーザー自身が援交および援デリに対して正しい知識を持って注意していくことが大切なのです。
 
 

デリヘルとの違いと危険性

 
援デリはデリバリーヘルスと違って法的に認められていないということを説明しました。これは援デリが警察の手が回っていない状態で運営しているため、多くの危険を持っているということを意味しています。今から援デリどのような危険性・注意点があるか、具体的に紹介します。
 

性病対策がされていない

 
援デリは違法業者であるために、きちんと正式に運営しているデリバリーヘルスと比べると色々な管理がきちんとされていません。中でも「性病の管理」がきちんとされていないということを事前に知っておいてください。
 
当たり前ですが、援デリ嬢は一般人と違って多くの男性と関係を持っています。そんな女性が、違法業者の元で性病の管理をされずに回り続けていると言うのですから、まず危険だと考えるべきです。
 

18歳未満がいるかもしれない

 
援デリは違法なので、当然風俗業としての厳正な審査を通過していません。だから、デリバリーヘルスと違い、平然と18歳未満の女性を斡旋してくる可能性があるのです。
 
そもそも風俗で働こうとする女性からすると、安全面を考えると援デリで働くメリットがありません。だから援デリは、正当な風俗で働くことができないような女性を集めているのです。これに最も当てはまる存在が、18歳未満の少女なのです。援デリにどういう女性がいるかについては「どんな女を集めている?」を参照してください。
 
もちろん、18歳未満の少女との援交は「児童売春罪」とされています。
 
児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律
第一条  この法律は、児童に対する性的搾取及び性的虐待が児童の権利を著しく侵害することの重大性に鑑み、あわせて児童の権利の擁護に関する国際的動向を踏まえ、児童買春、児童ポルノに係る行為等を規制し、及びこれらの行為等を処罰する...
引用元:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO052.html
 
児童との売春は「相手の年齢を知らなかった」では済まされない問題です。だから、援デリを安易に受けることは危険なのです。
 

美人局の可能性

 
援デリは不法業者であるため、悪質な手法を仕掛けてくる可能性もあります。中でも注意すべきは「美人局」の可能性があるということです。
 
美人局というのは、出会い系における詐欺の手口の一つです。簡単にいうと、女性との行為中に男が怒鳴り込んできて、難癖をつけて恐喝し、金品を要求するというものです。
 
援デリかと思って会ってみたら美人局だったということも十分にありえるのです。これに対する対策は「出会い系の「援交デリヘル」の見分け方・対策方法」で解説しています。
 

地雷の可能性大

 
援デリは普通のデリバリーヘルスで働けないような女性を集めています。(援デリで稼ごうとする女性の特徴については「出会い系の「援交デリヘル」はどんな女を集めている?」をご覧ください。)そのため、援デリで会える女性は、デリバリーヘルスに受け入れてもらえないようなブスがほとんどです。
 
そして援デリは、出会い系のプロフィール写真の女性と、実際に送り込んでくる女性が全く異なることがほとんどです。不法業者であるために、会ってから「チェンジ」ということももちろんできません。呼んでしまったからにはお金を払うしかないので、泣き寝入りということになります。
 
少々下世話な話ではありますが、男性からするとこれが最も深刻な問題かもしれません。
 

単発だからサービス意識が低い

 
援デリは普通のデリバリーヘルスと違い、サービス精神など存在しません。なぜなら、リピーターを全く求めていないからです。
 
先ほど説明しましたが、援デリをしている女性は基本的にブスなのです。綺麗な女性のプロフィール写真を使って男性を騙し、ブスを派遣してお金をぶんどってきます。この手法では男性がリピーターになるわけがありません。
 
援デリ業者側もそれをわかっていて、一回きりのつもりで援デリ嬢を派遣してきます。なので、業者からすると、サービスに気を使う意味がないのです。
 
普通の風俗のサービスに慣れている人は、援デリのサービスに大きくがっかりするかもしれないので特に注意が必要です。
 
 

対策方法は?

 
 
このように、援デリは百害あって一利なしなので、一切おすすめできません。出会い系を利用する方は十分に注意・対策する必要があります。
 
しかし援デリは基本的に出会い系内で素人ユーザーに化けているため、しっかりと見極める目を持つ必要があります。素人と援デリの見分け方については「リンク」で解説します。
 
また、援デリをよりしっかりと回避したいという方は、援デリのいない出会い系サービスを利用するのが一番でしょう。このサイトでは具体的な出会い系を紹介しませんが、他のサイトではそういったオススメの出会い系を紹介しているところもあるので、ぜひ調べてみてください。
 
 

総括

 
このページでは、援デリについて、その危険性に重点を置いて解説しました。
 
また、この記事を読んでも「援デリを受けてみたい」という方は、自己責任で受けてみるのもいいでしょう。「出会い系の「援交デリヘル」の利用方法」で援デリを受ける流れを解説していますので、参考にしてください。