出産内祝いは、出産をお祝いしてくれた方への感謝を込めた大切なお返しです。
選び方のコツや、出産内祝いのマナーなど、気を遣うポイントが意外とたくさんあります。
贈る相手に合わせるというのもその一つです。
今回は、出産内祝いを贈る上での選び方のコツやマナーについて解説します。

贈る時期と値段はマナーを守りましょう

出産内祝いを贈る場合、お返しの時期は出産から一ヶ月程度が目安と言われています。
ちょうどお宮参りに行く時期の前後ということもあり、忙しくてつい忘れてしまったということのないようにしましょう。

出産祝いをもらった直後に電話などでお礼を伝えておき、出産一ヶ月頃に改めて内祝いを贈るようにするのがスマートです。
出産後は赤ちゃんの世話でかかりきりになってしまい、内祝いのギフトを選ぶ時間もなかなか取れません。
できれば出産前にどのギフトを贈るか検討しておくのがいいでしょう。

お返しの金額は、半額が基本と言われています。
しかし、親戚や目上の方から高額なお祝いを頂いた場合、三分の一から半額程度で、無理のない範囲でお返しすれば大丈夫です。
一万円以上のお祝いを頂いた場合は、三分の一程度の金額のギフトで内祝いを選ぶ方が多いようです。

気合を入れ過ぎるギフトは逆効果?

我が子が生まれた喜びを伝えたいあまり、内祝いのギフトを張り切って選びたいという方は意外と多いです。
内祝いは生まれた子供にとって初めて他人との繋がりが生まれる機会ということもあり、記念に残る良い内祝いにしたいと考えるのも無理はありません。
しかし、子供の顔写真が大きく入ったギフトや、名入れギフトはもらう方にとってはありがた迷惑に感じる場合もあります。

また、良いものをお返ししたいと高価すぎるお返しを贈ることも逆に失礼になってしまいます。
そもそも、出産祝いというのは生まれてきた赤ちゃんのために役立ててほしいという思いが込められています。
そのため、頂いた物以上の価値があるお返しをしてしまうと、せっかくの相手の気持ちを突き返すようにも受け取られてしまいます。
内祝いを贈る時は、マナーにそった選び方がコツです。

画像出典元:http://shop.gift.or.jp/theme/contents_baby_u.php?key=b_naire2

ギフト選びは贈る相手に合わせるのが吉

出産内祝いのギフトの定番といえば食品やお菓子です。
どれも無難で贈る相手を選ばないため、お返しとして人気です。

しかし、贈る相手に合わせることで、さらに相手に喜んでもらうことができます。
たとえば、一人暮らしで独身の方には食べやすく日持ちするレトルト食品、お子さんがいる家庭なら、家族みんなで楽しめるボリュームたっぷりのお菓子詰め合わせなど、相手によって嬉しいギフトは違います。
また、目上の方や年配の方には、量より質のギフトがおすすめです。
贈る相手に合わせることで、相手への配慮と感謝の気落ちがより伝わりやすくなります。